機密文書を廃棄するのに廃棄業者を利用するべき3つの理由

機密文書を廃棄する方法はいくつかありますが、デルエフのおすすめは廃棄業者の利用です。デルエフ自身が廃棄業者だからというだけではなく、ご自身で廃棄されるよりも情報漏洩等のリスクを下げられるだけではないメリットがあります。 今回は、機密文書を廃棄する際に廃棄業者を利用するべき3つの理由についてご紹介します。

シュレッダーより低コストで廃棄することができる

シュレッダーを使ってご自身で廃棄するほうが低コストだと思っている方も多いのですが、実はシュレッダーには見えない維持費が意外とかかっています。 ・電気代 ・メンテナンス費 ・ごみ袋 など、一つ一つは小さくても年間では馬鹿にできない費用が必要です。 一方、廃棄業者を利用して処分すれば処分費のみで済んでしまいます。年会費等もかからない業者がほとんどなので、結果的に低コストです。 機密文書の廃棄にシュレッダーを使う場合、書類を裁断するためにスタッフの手間がかかっています。1〜2枚程度ならシュレッダーの時間も大したことではありませんが、ビジネスの場面では毎日多くの書類が発生。処分にかかる手間や時間的コストも膨大です。

スタッフの手間が省け、人件費削減に繋がる

廃棄業者に依頼すれば裁断する時間が必要ありません。廃棄の処理を担当していたスタッフも時間が空いた分、他の作業に取り組むことができ、生産性が上がります。

ホチキス等を外すことなく処分できる

シュレッダーする際に面倒なのが、ホチキス等を外す必要があること。数枚の書類なら我慢もできますが、ホチキス留めされた書類が大量にあったときには絶望的ですよね。 ホチキスをつけたまま裁断できるシュレッダーもありますが、刃こぼれやつまりなど、故障の原因になることがあり、できれば避けたほうがいいでしょう。 廃棄業者ならホチキス等がついたまま、廃棄処理をすることが可能です。一般用とは比べ物にならないほどの大型シュレッダーを使用しているので、ホチキス等がついていても問題ありません。

まとめ

書類の電子化が進みつつあるとはいえ、日本ではまだ紙の書類が一般的です。気がつくとすぐに積み上がってしまう書類の廃棄は、機密文書廃棄業者に依頼して簡単・安全に済ませてしまいましょう。
サブコンテンツ

このページの先頭へ