【利用シーン別】どっちを選ぶ?シュレッダー業者と溶解業者の選び方

書類の廃棄ができる業者には、大きく分けて2つの種類があります。1つ目がシュレッダー業者、2つ目が溶解業者です。どちらも似ているようで、実は少し違いがあります。

今回は、実際に利用を考えた時にどちらの業者を選ぶべきなのかお伝えします。ご自身にあった業者を選び、後悔しない廃棄を行いましょう。

シュレッダー業者と溶解業者の違い

シュレッダー業者と溶解業者のどちらを使うべきなのかをお伝えする前に、両社の違いを解説します。

シュレッダー業者は、機密文書を業務用の大型シュレッダーで裁断し、リサイクルする業者のことです。企業で使われている一般的なシュレッダーよりも大型で、裁断の細かいシュレッダーを使用しているため、より細かい裁断ができます。

一方の溶解業者は、紙を繊維になるまでほぐす手法で廃棄処理を行う業者のことです。溶解処理とは、水と機械の動きだけで紙を繊維にほぐす処理方法。繊維になった後は書類に何が書かれていたかを読み取ることは不可能です。環境に優しいだけでなく、情報漏洩の心配のない安全な方法です。

利用シーンごとの業者選択

シュレッダー業者と溶解業者の違いを理解したところで、どちらの業者を選ぶべきなのかを利用シーン別にお伝えしましょう。

・ファイルに綴じた状態で廃棄したい
・契約書や顧客データなどを処分したい
・社内の書類を大量に処分したい

ファイルに綴じた状態で廃棄したい

会計書類の保存期間の満了や、プロジェクトの終了などにより書類が不要になった場合、ファイルに綴じられた書類を取り出して廃棄するのは手間がかかります。

このようなときにオススメなのは、シュレッダー業者です。シュレッダー業者であればファイリングされたまま回収ができる業者が多く、ホチキスなどを外す必要もありません。

契約書や顧客データなどを処分したい

契約が満了になった契約書や、古い顧客データなどを処分する場合、情報漏洩は絶対に避けねばなりません。

このような場合にオススメなのは、溶解業者の利用です。溶解処理をすると紙は繊維になり、内容を読み取ることはできなくなります

溶解業者ではファイリングされたままの回収ができませんが、契約書や顧客データはあまり枚数も多くないので、ファイル等を取り除くのも大変な作業ではないでしょう。

社内の書類を大量に処分したい

保存期限が切れた書類を処分する場合、1年分ともなると段ボール数箱、多ければ数十箱になります。シュレッダーをかけるのは大変ですが、会社の重要な情報も含まれるため情報漏洩には注意したいところ。

このような場合にオススメなのは、シュレッダー・溶解どちらもできる業者の利用です。シュレッダー・溶解どちらの処理もできる業者を利用することで、安全な廃棄と作業負担の軽減の両方のメリットを受けることができます。

まとめ

デルエフでは、シュレッダー処理をしたあとに、溶解処理を行います。絶対に守るべき大切な情報だからこそ、念には念を入れて業者を選びましょう。

サブコンテンツ

このページの先頭へ